リスクを回避できる検査|赤ちゃんをスクスク成長させる葉酸サプリ|妊活のための着床前診断

赤ちゃんをスクスク成長させる葉酸サプリ|妊活のための着床前診断

リスクを回避できる検査

診察室

不妊に悩むカップルの中で、脚光を浴びている検査といえば、着床前診断が挙げられます。この着床前診断とは、カップルの卵子と精子を提出してもらい、それを人工的に受精させることで、受精卵に何らかの問題がないか調べることができる検査方法です。この検査でわかることは、何が妊娠を阻害している問題であるかといったことです。妊娠をする確率はおよそ20パーセントから25パーセントといわれており、統計学上では意外と少ない率といえます。とはいえ長い年月の間全く妊娠ができないとなれば、何らかの問題が妊娠を阻害していると考えられます。精子、または卵子に何らかの異常が見られる場合など、正常な受精卵ができずに妊娠ができなくなることがあります。そういった原因を調べるため、この着床前診断が効果的なのです。

着床前診断の利点は、無事受精した受精卵の状態を調べられることも挙げられます。しっかりと受精ができたとしても、遺伝子に何らかの異常が見られると、受精卵は正常に成長することができなくなります。もしもそのような異常な受精卵が成長した場合、胎児が正常に発育できず、流産などの問題が発生します。流産は母体に負担を与え、さらにお母さんの精神にも大きな負担が掛かるため、妊娠に対する恐怖や不妊の原因ともなりかねません。着床前診断では異常な受精卵を着床させず、廃棄することができます。流産による多大なリスクを避けることができるため、妊活を行なう人の注目を集めています。